fc2ブログ

記事一覧

赤れんが博物館


北吸桟橋での艦艇見学も終わり、守衛所横の売店でお土産を買い、
次に向かったのが、舞鶴総監部内にある海軍記念館だったが、
前回訪問したときと取り立てて変わっている点も無かったので、
足早に出て、改めて向かったのが舞鶴市役所裏手にある

赤れんが博物館


その建物は明治後期に旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫として建築されたモノで、
博物館とするのにリニューアルしたらしい。
レンガ建築としても最古級のようだ。

中に入ってみると、1階は世界のレンガの紹介。
エジプト・メソポタミヤ・黄河・インダスと世界4大文明でも
レンガが積極的に利用されていたことがわかった。
そのレンガも形はさまざま。

2階は、日本のレンガ建築についてで、有名どころは東京駅や
旧海軍兵学校の校舎、他にもいろいろあったけど忘れてしまいました(笑)

それにしても、レンガを使っている建築物って結構あったんだなと。

もう少しじっくり見ていたかったけど、予定よりも時間が遅れ気味だったので、
次の目的地へ向かうことに・・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

舞鶴は古い近代建築が残っているので、一度行ってみたいです。

No title

レンガを使った旧海軍の倉庫関係の建物はたくさん残っているようです。
ぜひ、今の機会に!
日曜日なら、北吸桟橋で新鋭艦も見れるかも?

No title

もしかしてもしかして次の訪問先は。。。。鎮守府?\(^o^)/

No title

いやいや旧海軍や海自の関係からは離れました(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
141位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
70位
サブジャンルランキングを見る>>