fc2ブログ

記事一覧

一乗谷朝倉氏遺跡



安土城跡の撮影跡、湖岸道路・国道365号線・北陸道(今庄~福井)を経て、一乗谷へやってきました。
もう何年も前に来たときよりも、ずいぶん進んでいて復元町並みもほぼ再現されてました。
城跡というよりも館跡なので、規模的にはしょぼいですが、ここまで発掘や復元作業が進んでいるところはないと思います。城下町のほうは、まだまだ発掘調査が進んでいます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こちらの一乗谷・朝倉氏館跡には云った事があります。ただ、敷地内で地元の産業際を催行中でしたのでゆっくり見学はできませんでしたけど。朝倉義景は風流人で、こちらも越前の小京都と呼ばれていたそうですね。明智光秀も織田信長に仕える前、こちらに仕えた時期があるとか?

No title

朝倉義景が積極的に京都の文化を取り入れたので、越前の小京都と言われるまでになったようで、遺跡から発見される遺品からも、その当時の一乗谷の文化の高さを感じられます。京都風の文化になじんだ朝倉義景は、戦国の世になじまなかったようで、朝倉氏の越前支配はこの義景で終わってしまうんですよね。明智光秀は、家臣として仕えていたと言うよりも食客みたいだったようです。

No title

あら~!ばろんさん。。早速丁寧な、お返事有り難うございます~♪戦国の世に馴染まなかった武将ですか…まるで足利義政みたいですね。政務より風流の世界が好きで銀閣寺を築いたりして。。。代わりに妻の日野富子が政務を執ったとか?明智光秀は食客だったのですか?色んな情報、有り難うございました。。

No title

他に長門周防に本拠を持っていた大内義隆も、文化人的大名で、最後は家臣の陶晴賢に謀反され、自害しましたね。こういった大名は、哀れな末路となることが多いようです。足利義政は、幕府を傾けた張本人でありながら風流な人生を送ったようですが、その後の足利将軍の哀れさはなんといってよいのやら?

No title

大内義隆は、確か「厳島神社」を作った大名では?文化人が政治の頂点に立つとお家が滅んだり、国がおかしくなったりして、政務に向いていない人が座につくといかに不幸の元となるか。適材適所の大切さが思い知らされる所です。この当時は器量より家柄が優先した時代ですから器量が無くても嫌々家督を継いだ嫡男もいる事と思います。謀反・下克上は人道的には良く無いかもしれません…が、領主の悪政ため民が苦しめられていたのならクーデターも強ち悪いことでは無いかも知れません。。

No title

厳島神社は、戦国時代を更にさかのぼり、平安末期に平清盛が建立した神社です。文化に傾倒した大名は、朝倉・大内に限らず、大友・今川なども結局滅びました。あまり京風文化に重点をおくと、領国統治がおろそかになるのかも?

No title

おはようございます。
先日はコメントありがとうございました。お返事遅れて申し訳ないです。
緑豊かな時に訪れたんですね!私は春一歩手前に行ったんで…、草木も枯れ果ててました。

No title

こんばんわ、ローリーさん!
こちらこそ、こんなにレスが遅くなって申し訳ございませんm(__)m
僕が一乗谷を訪問したのは夏でしたので・・・これからの時期が上記の写真のような感じになると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
208位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
99位
サブジャンルランキングを見る>>