FC2ブログ

記事一覧

戦艦大和復元プロジェクト


先週末に購入した新書です。

戦艦大和 復元プロジェクト


著者は大和ミュージアム館長の戸一成氏です。(角川書店)

今年の夏に訪問した呉の大和ミュージアムに展示されている10分の1スケールの
戦艦大和の復元プロジェクトについてです。

その中でも、この10分の1スケールの戦艦大和をどう復元するかということで、
試行錯誤していく過程が書かれています。

甲板の板材、艦橋側面にある扉の開閉向き、その他細かいところまで妥協をしないで、
製作したんだということがわかる本です。

NHKの”プロジェクトⅩ”さながらのプロジェクトだったんだと思わせます。

これから大和ミュージアムを訪問される方がいるなら、まず一読されたらと思う本です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

10分の1スケールってなかなかの大きさですよね! 前にタミヤのプラモデルで見たものも、十分立派でしたから。

No title

全長で26mにもなります。250分の1のプラモデルでもかなり精巧ですが、大きさが大きさだけにそれ以上に精巧ですよ。来年春以降は、大和ミュージアム向かいに海自史料館もオープンするので、そちらとあわせて訪問されては?そちらには、ホンモノの潜水艦が展示されますよ!

No title

こんにちわ 訪問履歴から来ました! 良いですね 昨年の「男たちの大和」 DVD買って 見入ってます! なんか日本史の話や 戦争の事 テレビや 女性タレントの事など 趣味が合いそうなので お気に入りさせてもらい 時々見に来ます よろしくお願いします ではまた!

No title

履歴を見ての御訪問ありがとうございます!仰るとおり、いろんな話題であいそうですね。こちらこそ、宜しくお願いします。

No title

この本、面白かったです!「大和の模型」でなく、10分の1の「大和」を復元させるだ!っていう苦労はすごいですね。この模型製作の話をとおして、本物の大和がいかにすごい船だったのかを感じました。

No title

イエトラさん、プロジェクトXのような話でしたよね。大和の模型を作るのではなく、1/10の大和を復元させるんだという各方面の意気込みも伝わってくるようでした。1/10の大和でさえ、これほど話になるのだから、本物の時はどうだったんだろうと思わずにはいられないですね。

No title

私も読みました。読みながら、吉村昭さんの「戦艦武蔵」を思い出しました。技術とうのもまたその風土の反映なんだということを通感しました。

No title

1/10の模型ながらも、その制作への意気込みは1/10のホンモノを造るんだという感じで、それもまた日本人の造船技術への思い入れが感じられますね。

No title

じっくり読ませて頂きました。終戦時中1で、手榴弾投げや地雷を抱えて戦車の下に飛び込む訓練を受けていたのでした。女学生は包帯や三角巾の使い方を。空襲で機銃掃射を受けた事など。日本中が引き締まった空気に包まれていたことを思い出して涙があふれてきました。当時の少年少女は皆けなげでした。

No title

たいした記事でもないのに読破?頂きありがとうございます。1945年に中1ということは、僕の父よりはるかに年上で大先輩であられるわけですね。そのようなことを聞くと、当時はホントに緊迫感のある異常な時期だったのですよね。

No title

大和がもっと早くに就役してたら…歴史は変わったんでしょうか?またTBしてしまいました…いつもすいません…

No title

TBありがとうございます!
開戦のあり方が違っていたら、大和の使い道も他にあったのかも知れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。
まだ使い勝手がよくわかっていませんが、よろしくお願いします。
新型コロナウィルスが流行しています。まずは手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


北海道ランキング


日本史ランキング



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
248位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
115位
サブジャンルランキングを見る>>