fc2ブログ

記事一覧

大河ドラマ『光る君へ』 注目のキャラクター

2月19日【月】です。

今日は職場も休みの人、直行直帰の人がいて、ちょっと寂しい感じ。
こんな時に限って、何か起こることが多いのですが、不思議と静寂のまま閑散と業務終了。

そんでもって早く帰れました。

それはそうと、始まるまで見続けるかどうか迷いに迷っていた今年の大河ドラマ

源氏物語の作者である紫式部とそのパトロンであった?藤原道長の話である光る君へ

結局、初回から見続けております。

これまで大河ドラマでは手掛けていなかった平安中期。

見ている限り、結構おもろいです。

昨年の『どうする家康』と比較すると、思いのほか『光る君へ』おもろいです。

どうする家康』は、見ていて何か無理のある展開も多かったのですが、

光る君へ』は、『どうする家康』に比べると歴史的にわからないことが多いためか、

脚本を書くにあたり自由度が高く、物語の展開がなかなかいい感じ。

一昨年の『鎌倉殿の13人』に近い雰囲気。

それは登場人物にもあって、今回、特に注目しているのは・・・



s-藤原実資


お笑いコンビ『ロバート』の秋山さん。

色白な貴族の面々の中で、一人色黒で異彩を放っています。

またその役・藤原実資も結構あくの強い人物。

脚本を書くにあたり大いに参考にしているであろう日記『小右記』の作者でもあります。

彼が日記を書かなければ、『光る君へ』は成り立たないであろうと。

ドラマの中では、ちょっとしか出てないけど、これがおもろいです。

藤原実資自身は90歳まで生きたらしいので、今回は最後まで出演が期待されます。

ちょい役ではありますが、この先の展開が楽しみです。


大河ドラマ・時代劇ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

私も毎週楽しみにみています
セリフが現代語なのも気楽にみられる秘訣かも
こないだなんか、衣といわず服をくれといっていました

笑えます

秋山さん演じる藤原実資は、かなりまじめな人物なので、それをお笑い芸人である彼が演じることには妙な違和感もありますが、そこが面白いです。
歴史的にわかないことが多いので、脚本家が自由に想像して書けるのは、面白くできる要因なのかなと。

昨日の放送

段田兼家とユースケ安倍晴明が一芝居うっているような気がします。人払いしていたのでそう思いました。もしかしたら次男道兼もひと役あるような。だって意識あるかないかの人が息子の両腕に青タン作るような力があるわけないし、道兼も逃げられるでしょ。

寛和の変

会議の席で突然倒れたのも胡散臭く、その後の兼家の状態も少し離れたところから、何か手を打っているという感じでしたね。
次回はいよいよ『寛和の変』、どんな展開になるのか楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
208位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
99位
サブジャンルランキングを見る>>