fc2ブログ

記事一覧

衝撃の北紀行2022『北海道開拓の痕跡を探る』 北海道開拓の村 後編

浦河支庁舎や広瀬写真館など諸々を見学し、ようやく本当の”北海道開拓の痕跡を探る”の原点ともいえる建物にたどり着きました。

IMG_4114.jpg



IMG_4115.jpg


開拓者が入植した当時の”開拓小屋”です。


IMG_4118.jpg


屋内はこんな感じ。

江戸時代をはるかにさかのぼり、縄文・弥生時代の頃に毛の生えた程度にしか思えない粗末な造り。

柱は竪穴式、周囲を木々の枝で拭き、どう考えても隙間風拭きさらし。

これで厳冬の北海道を過ごしていたのかと思うと、当時の人たちの強靭さに感心します。

それが150年余りで今のようになったのですから、北海道の近代化はすさまじかったと思います。


そして最後に、その近代化の初期に大いに活躍したのが・・・

IMG_4090.jpg


実はこれに乗りたいがために、ここにやって来たとも過言ではなかったのです。


IMG_4129.jpg






競馬馬とは違い、小さくて足の太い馬がゆっくりゆっくりと馬車を引いて場内を往復します。

乗ってみれば、開拓当時の北海道の風景を少しばかり感じることもできます。

北海道開拓の痕跡を探る』ことがちょっとできたような気がしました。

この次は、北海道の発展に大いに寄与した”あの名言”を残した、あの博士像のある場所へと向かったのでした。





にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

開拓小屋、ほんとにこれで北海道の冬が過ごせるのか?と心配になるくらいです。
馬車鉄道に乗れるのは良いですね。北海道時間が流れます。

ご旅行お疲れ様です。

私達もレンタカーを返す最終日に寄ったのですが
本妻は近くの博物館の方を見たいとの事で
こちらは未見となります。

内部や馬車参考になりました。
次回ワタシ個人で参りたいと思いますが
参考になりました、ありがとうございます。

艦長さん

ホント、これで本州よりも厳しい北海道の冬を過ごすことができたのか疑問に思うくらい粗末な小屋です。

馬車鉄道に乗ると、はるかに遠くなったはずの開拓時代の北海道を感じることができますよ。

naomoe3さん

北海道博物館よりも、こちらの方が見ごたえがあると思いますよ。
ちょっと残念でしたね。

明治期の建物でも、本州のそれとは違うところあったりして、
面白かったですね。
他の建物についても改めて紹介したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスはまだまだ流行をしています。油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2022年5月 衝撃の北紀行2022『北海道開拓の痕跡を探る』を敢行しました!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

ペット(猫)ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
278位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
139位
サブジャンルランキングを見る>>