fc2ブログ

記事一覧

「麒麟がくる」“帝”坂東玉三郎 最終回「神秘的なエンディング」主要人物「それぞれの立場で勢揃い」

Yahoo!ニュースからです。

麒麟がくる」“帝”坂東玉三郎 最終回「神秘的なエンディング」主要人物「それぞれの立場で勢揃い」

正親町天皇

NHK大河ドラマ麒麟がくる」(日曜後8・00)で正親町天皇役を好演している歌舞伎俳優の坂東玉三郎(70)が5日、番組公式ツイッターを通じて今月7日に放送される最終回(第44話)をアピールした。
 俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ59作目。第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(75)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生を描く。



 玉三郎は「“本能寺の変”の描き方だけでなく、これまで主要だった人物がそれぞれの立場で登場して勢揃いするところ、そして、神秘的なエンディングが最終回の見どころだと思います」とコメントした。

 最終回は15分拡大版。羽柴秀吉(佐々木蔵之介)の家臣・黒田官兵衛(濱田岳)も登場。戦国最大のミステリーにして今作最大のクライマックス「本能寺の変」(天正10年、1582年)が描かれる。


玉三郎さんがおっしゃるように、明智光秀に関わったいろんな人物が、”本能寺の変”をどう見るのか、そしてどう関わっていくのか、これまでの大河にはない”本能寺の変”であるようで、それは楽しみでもあるのだけど、また物語の終わりでもあることを思えば、少しばかり寂しい、そんな放送前日なのであります。






にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
141位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
70位
サブジャンルランキングを見る>>