FC2ブログ

記事一覧

『麒麟がくる』紀行 明智光秀終焉の地 明智藪

麒麟がくる』京都大河ドラマ館・丹波亀山城跡・本能寺跡と明智光秀ゆかりの地を巡ってきたわけですが、ここで彼の最期はどんなところで尽き果てたのかということが以前から気になっていたので、奈良への帰路の途中寄り道していってみることにしました。

本能寺跡を出発し、市街地を抜け、国道24号線で観月橋の手前を左に折れ、山科方面へ~♪

渋滞やら何やら感やらで1時間近くかかってようやくたどり着きました。

IMG_1822.jpg

明智光秀終焉の地 明智藪

この幟のある場所の近くにクルマを停め、ここからは細い路地裏のような道を歩いていきます。

案内表示があるのでわかりますが、歩いてみると人の家の敷地の中を通り抜けなければなければならないので、なければとてもたどり着けないところです。

IMG_1823.jpg

最近建てたと思われる石碑があります。
(この石碑 もともとあった場所から移設されたらしい)

実際の明智藪はさらに奥にあります。

IMG_1825.jpg

到着です。ここが明智光秀終焉の地 明智藪です。

藪と言っても、ここ最近道路の?工事やら、このさらに奥の開発やらで、藪は見るも無残に根こそぎ無くなってしまっており、木でつくられた碑の周辺にだけ、申し訳ない程度に藪が残っているだけした。

そんな状態に唖然としていると、見た目はたこ八郎に似た?ボランティアのおじさんがいて、彼から明智藪のを説明書きをいただきまして、いろいろ説明をしていただきました。

当時は今とは違い鬱蒼と竹林が続く場所だったようで、陰に隠れた落ち武者狩りの農民に槍で刺さ殺され、その生涯を閉じた無念の地です。
麒麟がくる』で、この最期がどのように描かれるのか?
光秀を刺し殺す農民は、もしかしたら菊丸(岡村君)が演じるのかも?

それはそうと、この場所もともとは藪、竹林が無くなっても、その名残はあるようで、とにかく蚊が多く、説明を聞いている間だけでもアチコチかまれ、説明そのものが頭にあまり入ってこない状態で・・・・(笑)道理でおじさんが長袖シャツなのかと・・・・

なんやらかんやらで30分くらいいて、ようやくクルマのところまで戻り、やっと奈良への帰路についたのでした。

この日のN-BOXの走行距離は132㎞、納車以来5ヶ月弱で、1日で100㎞以上走行したのは今回が初めてとなったのでした。










にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
自動車(ホンダ)ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

槍で刺される最期

槍で刺されて殺されたのが定説になっていますが、さぞかし痛かったでしょうねぇ・・・。ぶっとい槍で!

自分で腹を掻っ捌いて、臓物を引き出すようなこともあったようですから、凄まじい世の中だったろうと思います。

私も辿りました

「麒麟がくる」紀行を楽しく拝見しております。
実は私も昨秋と6月に4回に分けて明智光秀ゆかりの地を行きました。
①福知山市御霊神社→福知山城
②勝龍寺
③明智藪→明智胴塚→金地院明智門→明智首塚
④坂本城址→西教寺→亀山城→大河ドラマ館
おっしゃるように明智藪の状況に唖然としました。今も鬱蒼としているものと思っていました。
来月末からドラマ再開とのことですので大納言兼加賀守さんの記事も参考にさせていただきながら徐々にアップしていきます。

それは・・・

wraさん、思わぬところから突かれるわけですから、さぞかし痛かっただろうことは想像がつきます。
当時は落ちぶれたらそうなるのは必定だったわけで、ホンマに厳しく過酷な時代だったのだなと。
そんな時代に生まれなくてよかったと痛感します(笑)

僕の『麒麟がくる』紀行は・・・

なべさま、楽しみにして頂いて申し訳ないのですが、昨今の状況を考えると、また自粛せねばならないかと思っています。
この週末も、明智光秀の肖像画が公開されているという福知山城へは行きたかったのですが・・・・・

これは秋に開催される岐阜での『麒麟がくる』特別展まで待つ事になりそうです。それも状況次第ですが・・・・

それはそうと明智藪の惨状、どうにかならんかったモノかと思うのですがね・・・・

No title

アタイも辿る旅に出たいな^^)

根室大喜さん

こちらへ帰ってこられることがありましたら是非!!

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。
まだ使い勝手がよくわかっていませんが、よろしくお願いします。
新型コロナウィルスが流行しています。まずは手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
それと大河ドラマ『麒麟がくる』が帰ってくるのを楽しみにしています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村


北海道ランキング


日本史ランキング



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
133位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
30位
サブジャンルランキングを見る>>