fc2ブログ

記事一覧

『麒麟がくる』 第8回 『同盟のゆくえ』より

Yahoo!ニュースからです。

同盟のゆくえは… 尾張の海を目にした光秀が帰蝶を説得する

 NHK大河ドラマ麒麟がくる」の第8回が8日に放送された。第8回では、帰蝶(川口春奈)の嫁ぎ先である尾張に明智光秀(長谷川博己)が潜入し、帰蝶の結婚相手となる織田信長(染谷将太)の様子を偵察。港や市場を携え、豊かな尾張の目にした光秀は同盟の必要性を痛感する一方で、“尾張のうつけ者“と呼ばれ、奇妙な出で立ちの信長の元に帰蝶を嫁がせるか葛藤する。しかし母・牧(石川さゆり)に「大事なのはこの国」と諭された光秀は、帰蝶に「尾張へ行くべきだ」と説得する場面が描かれた。
第7回では光秀に「信長がどんな人間か見てきてほしい」と頼み、尾張へ向かわせた帰蝶だが、第8回では「(わたしを)嫁に行かせたくないなら調べにはいかない」とこぼし、光秀との恋が成就しないことを改めて悟った様子。海があり、活気ある市場を持つ尾張との同盟を結ぶべきだと強く考える光秀に「(尾張に)行かれるがよろしい」と説得された帰蝶は「十兵衛が申すのじゃ、是非もなかろうと精一杯の強がりを見せ、信長との結婚を決意する。


[麒麟がくる] 第8話 『 同盟のゆくえ 』 解説&感想!

 戦国時代の女性ならではの叶わぬ恋に区切りをつけ、尾張へと向かった帰蝶。帰蝶を演じた川口は「生まれながらの宿命というか、嫁がなくてはいけないというところもあったと思うんですけど、もちろん(尾張には)行きたくないはずだし、離れたくない、行くことを止めてほしいという思いや、『(輿入れを)止めてくれるならあなたしかいない』という中で、彼(光秀)に『行っておいで』と言われた切なさはすごくありました」と政略結婚を宿命と受け入れながらも、光秀と離れることになった場面について振り返った。さらに「でも(縁談を)断ることもできないという自分の中での葛藤もあったと思います」と、自らが演じる帰蝶を思いやった。


今回もまたまた本能寺の変に向けてのフラフが立ちましたね。

ここまでドラマを引っ張ってきた帰蝶と駒が光秀のもとを去り、次回からは光秀の正妻となる煕子が登場で、また物語は新たな展開を迎えそうで楽しみになってきました。




にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
208位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
99位
サブジャンルランキングを見る>>