FC2ブログ

記事一覧

引退する稀少な大物車を京都鉄博で展示、3月引退のJR貨物EF200形機関車も 11月16日から

Yahoo!ニュースからです。


JR貨物は10月16日、今年3月のダイヤ改正を機に引退したEF200形直流電気機関車と、この秋に引退するシキ800形貨車京都鉄道博物館(京都市下京区)で11月16日から展示すると発表した。

貨物用の電気機関車としてはVVVFインバータ制御などの新機軸が盛り込まれたEF200形は、国鉄から承継したEF65形やEF66形を置き換えるため、1990年に試作機(EF200-901)が、1992年から翌年にかけて量産機(EF200-1~21)が登場した。

1600tの貨物列車を120km/hでけん引できる性能を持つことから、東海道・山陽本線の長大貨物列車に運用されたが、沿線の変電設備が1600tけん引の整備に対応できなかったことから、総勢21両が製造されるに留まった。

このうち、2・17~19号機の4両が最後まで残ったが、3月28日に18号機のけん引により運行された幡生(はたぶ)操車場~吹田貨物ターミナル間の1086列車を最後に引退している。

一方のシキ800形は日本通運が所有する大物車で、1973年から1996年にかけてわずか3両しか製造されなかった稀少車で、発電所や変電所で使われる特大の変圧器を輸送している。

SHIKI800.jpg

鉄道事業者の所有車以外が京都鉄道博物館で展示されるのは初となる。

2両とも11月24日まで本館1階の「車両のしくみ/車両工場」エリアで展示されることになっている。


滅多にと言うか、もう二度と見ることはできない車両なので、ぜひ見に行きたいものです。




にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

EF200

EF200もったいないですね。フルパワーを出さずに運用すれば、使えると思うのですが。
11月16〜24日までとは短期間ですね。常時展示にして欲しいところです。

No title

EF200形はディチューンすれば、もう少し運用できたかと思うのですが、それをするにもコストがかかり過ぎると判断されたのでしょうかね。
JR貨物の所有ですから、致し方ないところですね。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。まだ使い勝手がよくわかっていませんが、よろしくお願いします。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


人気ブログランキング

人気ブログランキングです