fc2ブログ

記事一覧

駿府城本丸跡・天守台跡





二の丸をうろうろして、紅葉山公園(紹介は省略)を簡単に見学して、やっとたどり着いたのが本丸跡です。
もともと駿府城は、その前身が今川館で、桶狭間以後、今川氏の滅亡、武田氏統治の時代を経て、本能寺の変後、そのドサクサにまぎれて駿遠三甲信の五カ国を領する事になった徳川家康によって、築城されました。
しかし、豊臣秀吉の小田原征伐による全国統一で、家康は関八州250万石へ転封となり、駿府城を離れました。
家康に代わって入城したのが、中村一氏でした。中村氏が関が原後に転封となり、一時期内藤信成を入れていたのですが、家康が征夷大将軍を三男である徳川秀忠へ譲ったあと、再び隠居城として入城しました。
その時、天正年間に築城した城域を拡張・本丸・二の丸を修築して、現在の駿府城・静岡市街の原型を作りました。
その後、家康が死ぬまでこの地にて大御所政治を行いました。
家康死後は、後の紀伊家当主の徳川頼宣が、頼宣が紀州へ転封後は、徳川家光実弟の徳川忠長が城主となりますが、忠長が改易蟄居となった後は天領として城代が置かれ、明治まで続きました。
明治後は、一時期徳川家達が城主となり、その後静岡市・陸軍連隊の駐屯地を経て、戦後にようやく公園として整備され、今の姿になりました。
特に残念なのは、陸軍連隊の駐屯で本丸が跡形も無いほどに破却されたことです。
練兵などは安倍川の河原でしていればとよかったのにと思います。

それくらいで駿府城の紹介はさておき、本丸跡ですが、上記の紹介どおり陸軍連隊駐屯のため、跡形もなく破壊され、今は本丸跡の石碑、鷹狩姿の家康銅像、家康お手植えのみかんの木、天守閣跡の案内板がある程度です。
特に天守閣は、あまりにも光り輝くために駿河湾の魚がいなくなってしまい、漁師たちが困ったという伝説があるほどです。また天守閣のつくりは福井城天守閣と同じく、天守台を天守曲郭とする形で天守台の中に礎石を置いて、その上に建っているような感じのものだそうです。

最後に今回、駿府城を見学して、それなりの城のはずなのに、本丸の遺構が無いのが残念でした。
でも将来的には、発掘工事を行って幕末の頃の駿府城の姿が再現されるのではと思います。

これで駿府城はおおよそ見学が終わったので少しホッとしたのもつかの間、デジカメの画面に”電池残量極少”のマークが!!!!それと時間も!!
まだ掛川城があるのに!!
もう少し撮影したかったですが、これ以上撮影すると掛川城で電池が持ちそうになかったので、撮影を中止し、あわてて静岡中央署裏に停めたクルマへ戻り、掛川へと急ぎました。静岡インターを手前にして雨が降ってきました、いやぁ~な予感が・・・・。

写真は天守閣跡付近の様子、天守閣の模型(東御門内展示)、駿府城本丸跡石碑、家康お手植えのみかんの木(みかんがない!!)です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おー。我が,駿府城^^。姫路城クラスの天守台があった。ということは,上が,小さいはずはない^^と,駿府ウェイブ(無料ボランティアガイドさん)の団体の方に聞きました^^

No title

本丸跡の敷地から考えると大阪城や名古屋城の天守閣の大きさはないでしょうが、姫路城天守閣程度の大きさはあったかと思えますね。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
141位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
72位
サブジャンルランキングを見る>>