fc2ブログ

記事一覧

【再掲載】また、あの日がやってきた

2006年1月16日の記事の再掲載です。



明日は1月17日。
既にもうあの頃の事が、薄らぼんやりとしてしまうのだが、
当時、社会人になって始めての正月を向かえ、しばらく経ったのがこの日だった。
あの頃は、まだ現在の自宅に住んでいなくて、神殿町にある小さな一軒家住んでいて、仕事も今の仕事ではなかった。
5:47、突然の揺れに驚き、あわてて起きて窓を開けて外を見たものの、
窓の向こうに見えるプロパンガスの貯蔵施設にもなんら異常もなく、ほっとしていたのだけど、テレビをつけてみると、最初のうちは、淀川以西、神戸方面の情報がよくわからなかった。




時間が経つに連れて、その被害の大きさに唖然としたものだった。
近くにあった当時勤めていた会社の営業所へ向かうも、JRや近鉄も運行していないようで、またクルマもあまり通ってなくてひっそりしたような感じだった記憶が。
その会社の営業所も伊丹や宝塚にあったので、後から聞いた話では、殆ど全壊だったらしい。
そして、あの震災があって数日後、長い間行方不明になっていた伯父が、震災復興作業に従事していて事故に遭い、三木市の病院に入院していることがわかった。僕は仕事でいけなかったが、父は伯父が世話になっていた方の案内で何度か三木市へ見舞いに行っていた。でも結局、4月に亡くなった。
後でわかった事だが、この伯父の事故死が阪神大震災での労災適用の第1号であったようだ。
身よりもない伯父だったので、父が遺骨を引き取り、当家の墓に納骨した。
あれから、11年。いまは神戸へ行っても、大震災の跡形は殆ど見受けられなくなった。そして大震災の事も歴史の1ページとなって忘れ去られようとしている感じがしてならない。

奈良に住んでいて、被害は受けなかったけど、全く関係のなかったことではなかった。思い出すと、あれからもうそんなに経ってしまったのかと。
本当に年月が過ぎるのは光陰矢のごとしだと。
あの日、夜明けが早かったような記憶だけがするけど、あれは事実だったのだろうか? 



あれから24年、我が家でも当時の事を知っていた父も昨年秋に亡くなり、この記事を書いた時よりも、その記憶は遠のき、この出来事は歴史の1ページになっていくのだと。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

あの日あの時、始発に乗るため駅へ向けて歩いてました。いまになって放火魔がいたことを知りました。

No title

> 散位 アナリスト杢兵衛さん

ああいう時は、どさくさに紛れてよからぬことをする輩が多いですからね。

No title

当時は東京に住んでいました。朝いきなりTVで情報を得ました。池田の実家は壁にひびが入りました。父は寝ていたら突然跳ね上がり天井にぶつかると思ったとボケていましたが、その父も今では鬼籍です。
時の経つのは早いものです。

No title

> レガシィさん

早朝に経験のない揺れに襲われ、TVをつけても情報がなく、明るくなってヘリコプターが飛ぶようになってから被害の大きさを知りました。
あれからほぼ四半世紀、僕も同じく父は鬼籍に入り・・・光陰矢の如しとはこのことだなと実感しています。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
164位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
78位
サブジャンルランキングを見る>>