fc2ブログ

記事一覧

新型の『旧型客車』に乗る 長州編 その7

森鴎外記念館を訪問後、あまり調子の良くないまま津和野駅へ向かいます。

駅に近付くと何やら汽笛が聞こえてきます。

もう発車?ちょっと焦りつつ、ちょうど線路沿いまで戻ってきたので、線路際まで近づいてみます。




するとSLやまぐち号が、乗客も乗せないで出発しているではありませんか





しばらくすると推進運転で戻ってきました。


ホッと一息ついて、駅まで戻ります。




お茶を買い、改札をくぐり、跨線橋を渡ります。

既に発車時刻をまっています。

新型の『旧型客車』である35系4000番台客車の屋根は煤でかなり汚れており、非常に味わい深い感じになっています。




進行方向が逆になりますので、今度は展望デッキ付5号車を撮影します。

煤汚れがやはりいいですねぇ~♪

そそくさと撮影し、帰りは4号車に乗車します。




5号車の明治・大正テイストとは違い、4号車は昭和テイストのつくりです。

山間地にある津和野は、この時期、16時前もなると思ったよりも周辺は暗いです。

津和野を発車し、しばらくは車窓を眺めたり・・・・



5号車が最後尾になったので、この機会に展望デッキへ~♪

流れ去っていく後方展望が格別です。

今では展望デッキに立ち、後方展望を楽しめるのは、SLやまぐち号とトワイライトエクスプレス瑞風くらいでしょう。
瑞風に乗りこれを楽しむことを考えれば、SLやまぐち号で体感できるのはかなりリーズナブルです。

後方展望を楽しみ、席に戻るとやはり疲れが・・・寝てしまいました。

気が付いたら、山口駅。

向かいに座っていた若いカップル

は、いつの間にか熟年?老年?の御夫妻

に変わっていました(笑)

既に周囲は真っ暗、車窓を見渡しても国道沿いのお店や住宅の灯りが見えるだけ。

機関車も何かしら急いでいるようにも思えました。





そしてあっという間に終点の新山口駅へ~♪




17:30新山口着。すでに真っ暗。

SLやまぐち号は、乗客を降ろすと機関車が切り離され、どこかへ消えていき・・・

全く”旧型”を感じさせなかった”新型の『旧型客車』”は、ホームに取り残されたまま。

その後、どうなるのか追いたかったですが、お土産の購入を優先のため、駅の南側へ~♪

これで”新型の『旧型客車』”の乗車体験は終了。

背もたれが直角なこと以外は、これが”旧型?”と思わせる客車でした。

見た目こそ”旧型”ですが、実態は”最新鋭”だということを実感。

わざわざ山口まで来た甲斐があったと思いつつ、帰路につくのですが・・・・




そこにやって来たのは思いがけない・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
141位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
72位
サブジャンルランキングを見る>>