fc2ブログ

記事一覧

新型の『旧型客車』に乗る 長州編 その6

津和野駅構内のすみっこにある転車台前での”貴婦人”ことC57形1号機の撮影を終え、一度駅前に戻ります。





駅前にはD51形194号機が静態保存されています。

もともと北関東や東北で活躍していたようですが、晩年は山陽線・山口線で運用されていた機関車です。

駅前にSLがあるのは、駅にも歴史が感じられよいです。

さて駅まで戻ってきましたが、どうしたモノか・・・

津和野と聞いて思い出すのは、あの”明治の大文豪”の故郷。

ただ同じ”明治の大文豪”の『吾輩は猫である』とか『坊ちゃん』の著者と違い、なじみは薄い。
何故なら彼の作品は教科書にも掲載されていたけども、文語体でとにかく読みにくい。だから何が書いてあるのかわからない、とっつきにくい。そんな印象しかない。
多分それが理由かと思うんだけど・・・・

でも”大文豪”だから、故郷にも何かあるだろうと思い、駅前の観光案内所へ~♪

愛想の悪い?ねえちゃんにコミュニティーバスの時間と降り場をを教えてもらい、
駅前のバス停から乗車。

距離にして2㎞もなかったので、あっという間に到着。



森鴎外記念館

この山陰と小さな田舎町にある記念館にしてはかなり立派。

土曜日の午後にも関わらず、駐車しているクルマはなく・・・・

敷地に入ると、




銅像があり、顔は、よく写真で見る厳めしい顔つきではなく、どこか気の抜けたオッサンって感じ。

作家として有名だけど、本職は軍医なので、軍服を着ています。

館内へ入ります。

館内は撮影禁止なので、写真がありませんm(__)m

ただ貴重な資料が、所狭しと、そしてかなりいい状態で展示されています。

作家であり軍医でも、後には帝立博物館の館長という肩書をもつ彼は、その幅広い交友関係も持っており、かなり著名な人物とも親しかったようです。

思い出したのは、正岡子規とか・・・(他はないのかというのは言わない)
(※調べてみると、もう一人の”大文豪”や上野駅にある石碑で有名な”詩人”とも交流があったようです。)

かなり興味深い書簡や原稿、彼あてのハガキなどありましたが、何しろ時間がないので、駆け足でみていきます。

立派だけど大きな記念館ではないので、30分程度で退館し、となりの旧宅へ




そんなに広くはない平屋ですが、この地域独特の色合いの瓦屋根の家でした。

この旧宅の向かいの家には・・・




お利口そうな柴犬が・・・・在りし日のコロを思い出しました。

この後、調子が悪くなり・・・でも仕方ないので、ここから徒歩で駅へ戻ることに・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

たしか本名は森麟太郎だったですよね。
津和野でしたか。

No title

森林太郎です。
”しんりんたろう”とも読めるし、”もりばやしたろう”とも読めます。

No title

あら~貴婦人SLのことを今の今 書きました~と言ってもコピペですが 伊予西条の駅に展示してあるそうです~
私は実際に見なかったので どんなに美しいお姿かと思っていました~
ほんときれいなお姿ですね(#^.^#)ナイス!

森鴎外の作品 いくつか読みましたが ほんと全然覚えてないです~(''◇'')ゞ

No title

> mimippiさん、おはようございます。

伊予西条駅にC57の静態保存がありましたか!!
D51は、全国各地に静態保存されているものは多いですが、C57はあまり聞いたことないです。
C57は、他のSLに比べると釜が細いのが特徴的です。

森鴎外の作品、何点か読んだはずですが、全く記憶にないのは、僕も同じです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
141位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
72位
サブジャンルランキングを見る>>