fc2ブログ

記事一覧

知事、JR北をけん制「御社自らが自助努力を」

読売新聞からです。

知事、JR北をけん制「御社自らが自助努力を」

高橋はるみ・北海道知事は28日、赤字線区の見直しを進めているJR北海道の島田修社長と会談し、沿線自治体の財政負担を求めているJR北を強くけん制し、「まずは御社自らが徹底した自助努力を行うことが不可欠だ」と述べた。

 鉄道網を維持する方策を巡っては、JR北と沿線地域の駆け引きが続いており、今回の会談でも溝は埋まらなかった。

 会談には市長会の菊谷秀吉会長(伊達市長)と町村会の棚野孝夫会長(白糠町長)も出席した。4人が顔をそろえるのは2月末以来、8か月ぶり。それぞれの考えや課題を共有し、JR北と沿線地域の議論を前進させる狙いがあった。


高橋北海道知事は、なめたことを言っていますね。

道路整備には、湯水のごとく税金を投入しているのに、鉄道は税金まで踏んだ食っておいて自助努力ですか?

北海道には鉄道はいらんという事ですかね?

鉄路が無くなれば、消えゆく市町村も出てくるとは想像もできないのですか?

どうやったら、利用者を増やせるのか、それを考えるが知事や議会ではないのですか?

北海道の地方自治を担う人たちは、アホばっかりですか?非常に残念です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

【大納言兼加賀守】 様、こんばんは。

確かに知事も無責任とはいえ、鉄道現場での不祥事が続く現在のJR北の体質にも問題があり、どっちもどっちかと・・・・。

No title

確かにJR北海道の体質にも問題ありですが、もともとほかの地域よりも設備投資・維持にお金がかかるところに、資金もないわけですから、列車運行が、まともにできるわけがありません。運行の安全を確保するなら、それなりの資金投入を国や自治体が行うべきです。JRは民間企業だからと言いますが、その株式は全て国が保有しているわけですから、国有企業といっても差し支ええないはずです。

No title

北海道は鉄道網の維持発展を目指すべきですね。一企業なら儲かる手立て、鉄道網という経営資源の再発掘を講じて見せるべきだと思います。

No title

> 散位 アナリスト杢兵衛さん

まずは札幌と各地域の拠点となる都市との鉄路の維持は絶対必要です。

長距離バスだけでの往来だけで、それらを結ぶというのどうかと思います。

北海道は、観光資源にも恵まれていますので、それをもっと有効に活用できないかと・・・

No title

この知事鉄路の現状把握が甘いですね。自助努力の綻びで事故多発して、すでに破綻状態なのに、呑気な話です。これじゃあ本当に札幌近郊だけしか残らないかも知れません。

No title

> レガシィさん

まったく仰る通りです。というより何もわかってないというのが実情でしょう。
既に在任10年らしいですが、10年もありながら何をしていたのでしょうか、今さらこんな事を言っているのを聞くと、腹立たしい限りです。これは我が奈良県の知事にも言えることですが・・・
まともに残るのは函館線の一部と千歳線、石勝線と根室線の一部と言ったところでしょうか?

No title

JR北海道は、はっきりいって、条件が悪すぎて、単なる企業努力の問題ではないと思います。
そもそも国鉄を分割したときからこうなることは予測できました。

No title

> Komoyo Mikomotiさん

仰る通り、もうJR北海道だけでは、どうにもならない事は分割民営化した時からわかっていたはずなんですがね・・・

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
141位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
72位
サブジャンルランキングを見る>>