fc2ブログ

記事一覧

ホンダ S660

昨日エキスポシティに行った時、たまたまモール内の広場で地元のディーラーさんが開催していた展示会で注目を集めていたのが・・・




ホンダ S660です。





かつてホンダが販売していた軽自動車のオープンカー『ビート』の実質的な後継モデルです。





ビートは運転席が非常に狭く、僕の体格では運転ができないクルマでしたが、S660は同じ軽自動車の規格ながら辛うじて運転はできそうな感じでした。ただし長距離のクルージングには全く不向きですが・・・





エンジンはS660専用設計のターボチャージャー付のDOHCエンジンで、運転席後ろに搭載されています。ビートと同じくミッドシップです。

ミッションは軽では珍しい6MTとCVTのどちらかが選択できます。
CVT仕様はパドルシフトもあり、きめの細かい走りも堪能できるようになっています。




ボンネットにはオープントップを格納できるようになっています。
そのため、S660にはトランクルームは存在しません。
ゴルフバックはおろか、ちょっとした旅行かばんも入れる場所はありません。

と言うわけで、まさに軽自動車で遊びと走りに特化しすぎた?クルマとなっています。

でもこういうクルマ、セカンドカーが持てるなら欲しい1台ではありますね。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

完全に遊び車ですね。
トランクも無いなんんて、ワンデイドライブ専用車ですか?かなり乗り手を選ぶ車ですね。所で価格はどの位するのでしょうか?200万オーバーでしょうか?

No title

完全に遊び車です(笑)
トランクもないので長距離走行には全く不向きです。
乗り手については、ビートのようにマニュアル車だけでなく、今回はCVT仕様もあるので、そこまではないと思いますが、それなりの体格の人だと乗る事すら難しいと思います。価格はグレードにもよりますが、おおよそ200万円から220万円くらいだったと思います。特殊な軽自動車としてもかなり高額です。

No title

大納言様 おはよう御座います。 ねぇ…スポーツカー
には憧れますが・・・とうとう諦めました。

No title

> 河内の鉄チャンさん、こんばんわ。

僕もあの狭苦しさと価格に諦めました。

憧れはあるんですが・・・無理っぽいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
141位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
70位
サブジャンルランキングを見る>>