fc2ブログ

記事一覧

京都鉄道博物館へ行く その9

やっとこさ2Fへ~♪しかし、それでもまだ時間余裕があったので、『生活と鉄道』と企画展示室を軽く見ていきます。







トワイライトエクスプレスの運行開始当初に発行されたパンフとダイナープレアデスで利用された食器類が展示されています。

こうして、こんな小物まで展示の対象になるとは・・・トワイライトエクスプレスも鉄道史の1頁となってしまったのだと実感せずにはいられません。





まだ国鉄だった頃、キャンペーン用の楽曲として採用したのが『いい日旅立ち』でした。

そしてトワイライトエクスプレスの大阪出発後・札幌到着前に流されるのがこの曲でした。

未だに根強い人気を誇る名曲でもあります。





貨物輸送の展示コーナーにうつり何気なく見つけたのが、1986年度版の貨物取扱駅コード図表です。

写真では小さくてわかりづらいのですが、よく見るともうこの当時、奈良には貨物取扱駅はありませんでした。
確かに引込線はあり、貨物用のホームがあったのですが、今思うとあの頃はもう貨物列車が入線してくるのを見たことがなかったし、コンテナの取扱もなかったような気がします。




現代の鉄道輸送は、その殆どがコンテナ輸送となっています。

コンテナの中にバラ積みすることもありますが、写真の様にパレット積みやBOX積みの場合もあります。

ちょっとしたコーナーですが、鉄道貨物の変遷がわかります。

次は企画展示室ですが、それはまた。








関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

コンテナの中はこうなっているのですか?知りませんでした。パレット毎積み込んだりするんですね。昔はニ軸貨車が、カタンカタンと単調なジョイント音を立ていました。関西本線の加太越えを見に中在家信号所へ行った記憶が蘇ります。

No title

この19Dタイプのコンテナは6畳くらいの広さ?で内貼りにはべニア板が貼ってあります。品物よってはバラ積みもあります。
今や二軸貨車での運用はなく、もう鉄道模型の世界の話しになっています。
加太越えの映像見たことありますが、あれはすごいですね。

No title

おはようございます。
ご無沙汰です。

>確かに引込線はあり、貨物用のホームがあったのですが

そこは…京終駅の事でしょうか…?
確か駅の西側にあった…見た憶えあります(汗)
そのこと?でしょうか?
ま、奈良、他にもそんな駅あると思いますが
機会あればまた見てみますね☆

No title

それは国鉄奈良駅の事です。

No title

興味深いものが色々ありますね。

ナイス

No title

> 鳳山さん、ありがとうございます。

鉄道の歴史が、そのままここにはあります。
京都にはふさわしい博物館です。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
141位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
72位
サブジャンルランキングを見る>>