fc2ブログ

記事一覧

長篠城跡

4月9日【土】、土日休みと言う事もあり、時間的に余裕ができたので、レヴォーグの試運転を兼ねて、久しぶりに城跡・古戦場跡巡りに行ってきました。

名阪国道・東名阪・伊勢湾岸道・新東名を経てたどり着いたのは・・・・




奥三河にある長篠城跡。

今から約440年前の1575年にあった織田・徳川連合軍と武田軍が激突した長篠合戦の舞台の一つです。

徳川にとっては、領地である三河と遠江を分断されないようにするには絶対守らなければならない場所であり、反対に武田にとっては、ここを分断することで徳川の弱体化と、代替わりして家臣団との関係の改善と強化を図らなければならない武田勝頼にとっては、絶対落とさなければならない場所で、そこへある意図を思って徳川との同盟のもと、織田信長が参戦するという構図で行われた合戦でした。
本来なら徳川VS武田なのでしょうが、実際は織田VS武田の戦いでした。
それを実感させたのは、この長篠城跡でもこの後訪問した古戦場跡でもなかったのでしたが・・・(笑)

さて長篠城跡ですが、今は本丸跡に土塁と空堀が残る程度で他はほぼ宅地や田畑となり、その本丸跡にもJR飯田線が横切り、当時の面影を感じるのは難しいかもしれません。

僅かに残る本丸跡の土塁と空堀が↓の写真です。







その本丸跡を横切ってJR飯田線が敷設されています。





何故かここを通過するときは、やたら警笛を鳴らしながら、けたたましく走り去っていきました。

本丸跡は、上記の通り分断されているのでこじんまりしたもので、散策するにも時間はかかりませんでした。

本丸内探索前に隣接した場所にある史跡保存館へも行ったのですが、そこにはこんなものが・・・





長篠合戦で名をはせた鳥居強右衛門の磔の銘板が・・・

これよく見ると・・・毛か?玉袋か?がはみ出していました(笑)




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

加賀守さん、行って来られたんですね?
奈良からなら遠かったでしょう?
お疲れ様でした。
長篠城は私も3回行ってますが、古戦場も含めて見ごたえのある史跡だと思います。

この長篠城祉を中心に歴史散策コースがあったと思いますが歩かれましたか?
城跡そのものは閑散としていて当時を偲ぶ痕跡は少ないですが、周囲の史跡コースは起伏に富んで汗も掻きましたが、それなりに当時を想像させてくれました^^

No title

加賀守さん、こんばんは(^-^)
長篠城ですか・・・
歴史に疎いわたしは わかりませんでした(汗)
家紋だけは なんとかわかりましたが・・・

No title

> お茶犬さん

奈良からは休憩も入れ4時間、久しぶりのロングクルージングは確かに疲れました(笑)

今回は時間もなかったので、要所だけを見てきただけですが、自分の想像よりは遥かに広いエリアで戦いが展開されていたことは良く分かりました。

ブラタモリの如く、歩きながら見ていけば、もっと深く理解できたのかもしれませんね。

No title

> けいちゃんさん

ここでの戦いが、その後の織田・徳川・武田の行方を大きく変えたと言ってよいと思います。

ここに立つと、歴史の転換点に迷い込んだ、そんな気にもさせてくれるところが不思議なところです。

No title

ここは、飯田線で時間をかけて行きましたが、
新名神が開通した今なら、かなり楽に行けそうですね。
本数の多くない飯田線がいいタイミングで通ったのですね。

No title

> Komoyo Mikomotiさん、こんばんわ。

ここに奈良から鉄道で行くとなると一泊2日の行程になるでしょうが、こんかいの新名神開通で、クルマで、そして日帰りでやっと行くことができました。

ここにいる間、上下1本ずつ電車が行きかいましたよ。

No title

はじめましてこんばんは
当ブログへの訪問ありがとうございます‼

次回長篠へお越しの際には周囲に点在する武田諸将のお墓も巡ると感慨深いですよ
真田昌輝公や真田信綱公の戦った丸山などは長篠の合戦の新たな側面が見れてオススメです

No title

> ECO_Power_PRIUSさん、おはようございます。

今回は駆け足で巡ったので、じっくりと見る事ができませんでした。
このあたりは戦後時代のメインストリートですか、次回の訪問時はじっくりと見て回りたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
156位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
78位
サブジャンルランキングを見る>>