fc2ブログ

記事一覧

高岡城跡(高岡古城公園)

先日の『JRで行く日帰りプラン 味の味覚』で訪問した場所の一つである高岡古城公園こと高岡城跡を紹介します。
 
 
 
高岡駅から万葉線に乗り10分程度でたどり着いたのが、急患医療センター前。
 
そこから住宅街を歩いて数分。
 

 
幅20mくらいの堀のふちに出ます。
 
この堀の向こう側が高岡城跡。
 
高岡古城公園公式HPによると
 


加賀前田家二代の利長公は、天正13年(1585)から13年間、二上山にあった守山城の城主でした。慶長3年(1598)に利家公の後を継ぎ当主となり、同10年(1605)には隠居して富山城に移りました。同14年(1609)3月の大火により城を焼失し、当時関野と呼ばれていた地に新しく城をつくることにしました。 高岡城は、キリシタン大名であり、築城の名手として有名な高山右近が縄張(設計)したと伝承されています。 利長公は、「詩経」の一節からこの地を「高岡」と名付け、同年9月に高岡城に入城しました。その5年後、利長公は死去し、元和元年(1615)、城は一国一城令により廃城となりましたが、三代利常公は、利長公の意をくみ、城郭の基本構造を残しました。また、まちにおいては鋳造産業の奨励、布・魚・塩などの物資の集散地とし、城下町から商工業のまちへと転換を図りました。当時城跡は、町民から「古御城(ふるおしろ)」と呼ばれ、現在では、高岡古城公園として市民の憩いの場となっています。


 
当家先祖?二代目が隠居城として築城しました。その没後は廃城となりはしましたが、その後、城下町は商工業の町として、また加賀百万石の西越中での拠点として発展し、現在の高岡市の中心となっているようです。
 
 
堀を越え城内へ~♪
 
堀の内側は土塁が盛られており、それは結構な高さです。
 

 
駆け上がるとそこはいきなり本丸。
 
と言っても、これと言った建造物はありません。
 
その昔は御殿くらいはあったのでしょうが、それ以外は蔵があった程度のようで、
天守はなく、櫓もあったのかさえ不明とのこと。
あえてそういうの建造物を造らなかったのでしょう。
 
 
さて説明はそこそこに。早速歩くと、本丸広場の片隅に・・・・
 

 
 
甲冑に身を固めた武将が騎乗した銅像があります。
 
当家の先祖?の二代目です。
 

 
 
凛々しい顔で遠くを見つめておられます。
 
それに比べて、その子孫(自称)は・・・(笑)
 
その隣には、
 

 
 
これも当家?二代目をたたえた?記念碑のようです。
 
高岡の町のつくった方ですから、こうして称えられるのでしょう。
 
結構な広さの本丸ですが、その半分は射水神社が占めています。
 

 
この日はお正月からも日数が経ち閑散としています。
 
隣接する会館では結婚式などもできるようです。
 
二の丸の方へいくと、そちらには、
 

 
護国神社がありました。
 
こちらは全く人気がなく、さらに寂しい感じ。
 
あまりにも寂しいので、こちらを参拝してから、高岡城跡を後にしたのでした。
 
その先には、高岡の名所のあれが・・・
 
これは奈良市民からするとあまりにも・・・・あ~♪
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

殿樣高岡大仏はお気に召しませんか?(笑)



No title

> ナオ兵衛さん

奈良の大仏は、本家本元ですからね。
それと比べると・・・・

No title

諏訪の高島城にも神社が有ったけどあれはお城直属の神社だったのかそれともお城が無くなった後神社ができたのか?
高岡城はどうだたのでしょうね。

No title

さすがにご先祖様には詳しいですねー 笑
二上山というのは奈良だけじゃなく越中にもあるんですね。

No title

こんばんは。
>その先には、高岡の名所のあれが・・・
これは奈良市民からするとあまりにも・・・・あ~♪

すいません、何があったんでしょうか?
気になります☆

No title

> Hawaiiさん、こんばんわ。

高島城の護国神社は、Wikipediaによると明治維新後に廃城になってからの1900年に建立されたもののようです。

高岡城の射水神社は、奈良時代以前の創建で別の場所にあり、かなり歴史のある神社のようですが、明治のの初めに高岡城内へ移転してきたようです。

No title

> グフフのフさん、それほどでも・・・(笑)

二上山にあるのは、当時の奈良と何ら関係があるのかもしれませんね。
大伴家持もこの地に越中守として赴任していますしね。

No title

> マサソイトさん

本家本元をがある奈良に住むものがみるとガッカリするかも?

No title

ここは桜と紅葉の名所で・・今の季節は見る所ないです・・。
4月に1枚目の写真の場所をスタート地点に駅伝大会があって、私も参加します

No title

> 寒鰤さん、さすが地元民ですね。よくご存じで。

だいたいこの季節にやって来るのは変わり者でしょうね。
お城好きでも、この時期は様子がわからないので来ないでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
156位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
78位
サブジャンルランキングを見る>>