FC2ブログ

記事一覧

日光例幣使街道について

年明けから、弊ブログでもお世話になっている「SACの部屋」のSACさんが紹介をしている日光例幣使街道について、興味深く読ませていただいているのですが、SACさんの指向性もあってか、その歴史的な経緯は記載が見当たらないので、一体どういった経緯でその街道が作られたのか、ちょっと調べてみたら、これが結構面白いことが分かったので紹介してみたいと思います。
 
以下はウィキペディアより参照
 


日光例幣使街道(にっこうれいへいしかいどう)は、徳川家康の没後、東照宮幣帛を奉献するための勅使日光例幣使)が通った道である。中山道倉賀野宿を起点として、楡木(にれぎ)宿にて壬生通り(日光西街道)と合流して日光坊中へと至る。
なお、楡木より今市(栃木県日光市)までは壬生通り(日光西街道)と共通である。
現在、栃木県日光市から鹿沼市栃木市佐野市下都賀郡岩舟町佐野市足利市群馬県太田市伊勢崎市高崎市に至る路線が「日光例幣使街道」または「例幣使街道」と呼ばれている。特に日光市から鹿沼市にかけての区間には日光杉並木が現存する。


 
簡単に言えば、朝廷から日光東照宮に捧げ物を奉納に行く勅使が通った街道で、始まったのは江戸時代の前期、1646年というから三代将軍徳川家光治世の末期。
 
しかし、この仕事は選ばれた公家の間はあまり好まれなかったらしく、
 


日光例幣使にとって、当時日光へ出向くことは大変な「田舎道中」であり、一刻も早く行って奉幣を済ませて帰りたいという心理があり、また道中で江戸を経由することとなると幕府への挨拶など面倒も多かったため、例幣使は往路は東海道・江戸を経由せず、中山道倉賀野宿例幣使街道という内陸経由で日光に向かった。帰路は日光街道で南下し江戸を経由して東海道にはいり帰京するのが慣習であったが、安永5年(1776年)と天保14年(1843年)には帰路も中山道を使っている。


 
単にうっとうしいものであったようです。
 
その鬱憤晴らしかどうかは定かではないけれども、朝廷と幕府の権威を笠にして、
 


日光例幣使は普段は貧乏な下級公家であるが道中では朝廷と幕府の権威を一身に背負ったため大変な権勢を誇った。公務であるため宿場助郷村は無賃で道中に協力させられ大変な迷惑をこうむったという。以下のような話が伝わっている。
  • 駕籠が少しでも揺れると自ら駕籠の中から飛び出して、「人足の不調法で駕籠から落とされた、この無礼を幕府に訴える」と主張し宿場や人足から示談金をせしめた。この行為は「強請(ゆすり)」の語源になったという。
  • 大量の空の長持を用意し、それに対し六人持ち(人足六名で担ぐ)・八人持ち(人足八名で担ぐ)などと指示を行い、宿場が用意できる人数を大幅に超える人足を揃えるよう主張した。これは不足した人足分について宿場側より補償金をせしめるためである(例幣使側が直接人足を雇用したという建前)。もちろん宿場側もしたたかであり、値引きの交渉も盛んに行われた。
  • 江戸では幕府が用意した屋敷に滞在するが、出立時には家財道具一式、それこそ漬物石に至るまで前述の空の長持に詰め込んで出発したという。


 
街道沿いの人々にずいぶん阿漕なことをしていたらしい。
 
そのひとつの行為が、今にも通じる『強請(ゆすり)』の語源になっているとのこと。
 
いろんな所に、いろんなことの由来があったりして、調べてみるとお~っと思う事が多くて、歴史の意外性を今更ながら感じたのでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

例幣使街道は、新聞や雑誌でも、時々、取り上げられていますから、聞き知った名ではありますが、いつも、あまり熱心に読んだことがありませんでした・・・・。
田舎道中だったことや、‘ウザイ’と思われていたことなどは、今、初めて認識しましたが、でも、佐野、鹿沼、足利、高崎、太田、等々は、現在、鉄道の主要駅でもあるし、夫々、結構な町で、季節毎の祭りなども割合盛んな感じがしますが、きっと、彼等が通って街道にした、そのお陰~名残り、なのですね。

No title

五節句さん、こんばんわ。
こちらは日光は身近な場所ではないので、全く聞くこともない街道で、全然知りませんでした。
街道の要所が、現在も地域の拠点でもあるのは、単に街道の存在だけではないような気がします。
街道が残ったのは、例幣使以外にも行き来する人たちが多かった証ではないでしょうか?

No title

不思議なお話しですね。

加賀藩は参勤交代に11泊13日の道中で殿様以下3500人の大行列でした。

その費用が約10億円かかったと言われています。

朝廷の使者が無料で旅をし盗賊の様な事をしたと言う事ですよね。

こんな事が許されるなんて信じられません。





No title

全くおかしな話です。

勅使と言えど下級公家ですから、レベルも低かったのでしょうし、朝廷と幕府の権威に守られているわけですから、その程度の事をすることは役得くらいにしか考えていなかったのでしょう。

No title

こんにちは。サポートいただきありがとうございます。例幣使道めぐりについてはたまたま地元が追分であった事が、大きな動機です。例幣使そのものについては、浅学な私が書くよりも、多くの研究がネット上で見られるので省きました。キリがありませんからね。また徒歩による街道めぐりも多くの方がされており、多数の史跡を紹介されております。私の今回の取材は車でガンガンめぐる、スタンプラリー的なものですので、情報量が少ないのは御容赦願います。

事前にいろいろ資料を読んだのですが、例幣使の評判の悪さは調べれば調べるほど腹立たしい。また例幣使通行のたびに動員される地元の人々の苦役も見えてきます。また各宿場で繰り返された飯盛女たちの悲哀も涙無くしては語れません。しかしそういった事を細かく記事にする事は、お気軽ドライブレポにはまったくそぐわないと思い、歴史的経緯ついては殆ど記しませんでした。「興味を持った人は自分で調べてね」というわけです。例幣使道の現在の姿を紹介するレポだと思っていただければ幸いです。

No title

いえいえ、ウィキペディアのコピーですから、サポートだなんて恐れ多いです。
僕の方は、これでもかと追っていく紹介に圧倒されながら、楽しく拝見していました。
写真が多いので、街道の今を見ながら、当時の様子を想像していくのも、ここ最近の楽しみでした。

それにしても、毎年その悪行の限りを尽くし、人々に迷惑と苦労をかけながらも、無事にその役目を務めた例幣使が200年以上も絶える事もなく続いていたことが不思議に感じます。
それはまた朝廷・幕府の権威というのは、想像を絶する威圧を当時の人たちは感じてもいたのだなと。
今はその道が、時を経てどんな利用をされているのか、知ることができればと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。
まだ使い勝手がよくわかっていませんが、よろしくお願いします。
新型コロナウィルスが流行しています。まずは手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
それと大河ドラマ『麒麟がくる』が帰ってくるのを楽しみにしています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村


北海道ランキング


日本史ランキング



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
112位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
26位
サブジャンルランキングを見る>>