FC2ブログ

記事一覧

本当に北海道に新幹線は必要なのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

産経ニュースからです。
 


国土交通省は11日、平成30年度から、青函トンネルでの北海道新幹線を、1日1往復だけ地上同等の時速200キロ超で、走行させることを決めた。青函トンネル内では新幹線も在来線の最高時速である140キロの制限がかけられるが、時間限定で制限を外す。さらに、貨物列車とすれ違うときに減速するシステムの導入などで、200キロ超走行の本数拡大を図る方針だ。
 最高速の260キロまで出せると、青函トンネル区間で20分弱短縮でき、東京~新函館間が3時間45分と、4時間を切れるという。
 北海道新幹線は平成28年3月に、新青森-新函館間が開業する。青函トンネルは、在来線と共用するが、貨物列車とすれ違う際に、コンテナが風圧で破損する恐れがあり、トンネル内では140キロの速度制限がかけられる。
 だが、運営するJR北海道は、最高速走行で、大幅な時間短縮を図りたく、国交省が調整してきた。
この中で開業2年後をめどに、貨物などは通さない新幹線専用時間帯を、1日に2時間もうけ、1往復の新幹線を200キロ超走行させる。当初は3時間必要とされ、1日51便を運行するJR貨物からの反発があったが、2時間に短縮し、関係者の合意を得た。
 さらに、国交省では200キロ超で走行している新幹線が、貨物車とすれ違う直前に、140キロまでスピードを緩めるシステムなどの開発によって、200キロ超走行を可能にできるとみている。
 政府は高速鉄道のインフラ輸出強化に乗り出しているが、アジア諸国では、貨物と新幹線を共用する方式のニーズが高い。国内でも両方を活用するのは、青函トンネルが初めてで、このノウハウを新幹線輸出につなげる狙いもある。


 
約4年後には、とりあえず新函館まで開通するというが、本当に北海道に新幹線は必要なのだろうか?
 
時間的な部分では到底航空機には太刀打ちできそうにないし、
都市間輸送でも途中に政令指定都市がさいたま市と仙台市しかなく、
新青森以北では、需要が見込めるとも思えない。
結局、札幌まで全線開通したところで、JR北海道の収益が劇的に向上するとも考えられないし、
むしろ経営悪化を招くのでは?
また在来線もJR北海道からも分離され第3セクターになるらしいので、今後の地域交通をどうしていくのか?
 
結局、政治屋の小道具でしかないのか・・・
 
 
そこまでして、新幹線を走らせる理由は見当たらないのだけど・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。

このニュースは昨日読みました。

私は北海道は2~3回しか行ったことありませんが、すべてエアー。
そもそも、青函トンネルのほうが飛行機より怖い。

また、笹子トンネルじゃないけど、青函トンネルの耐用年数って何年なのでしょうかね?
JRって、結局収支計算しか念頭にない、一介の営利追求株式会社に成り下がったように見えてなりません。

政治家連中は、鉄道を含め、交通機関全体の公益性をしっかり論議して、政府の助成を見極めていただきたいです。

今、国として最も重要なのは、新幹線システムをいかに世界中に売り込んでいくか、ということで、これこそ国が積極的に動くべき施策だと思ったりします。

No title

加賀守さん、今朝出張途中の新幹線の中で新聞で読みました。
青函トンネルを160kmでぶっ飛ばす計画があるらしいです。
但し、通常の貨物列車とすれ違うと貨物コンテナが風圧で変形するらしいので、すれ違わない時間帯にぶっ飛ばすとか。
それって必要?というか、トンネル大丈夫?って思いますが。

No title

新たな、ビジネスチャンスが、広がるかもしれません、鹿児島の人のブログを見ると、経済効果が出ているようです。♪

No title

北海道まで新幹線要るでしょう。歴史的に北海道と東北は血縁が深いですから。
東京の論理で要る要らないの屁理屈語るのは勘弁してほしい。

No title

インディーさん、こんばんわ。
青函トンネルの耐用年数は知りませんが、メンテナンスさえシッカリ施せば、相当長期間は大丈夫なのでしょう。
鉄道の公共性も大いに議論すべきでしょうが、北海道にまで新幹線を通すと言うのは、どうなのかなと思います。
また過去の失敗を省みず、我田引水ならぬ我田引鉄にならないことを祈りたいです。

No title

お茶犬さん、こんばんわ。
ホント、そこまでする必要があるのか?と、僕は思っています。
内地と簡単にトラック輸送ができない北海道では、コンテナ輸送は新幹線よりも重要だと思いますしね。
万が一、風圧などでトンネル内でコンテナがコンテナ車から落下・横転することがあれば、それこそ大問題かなと。

No title

模型公園さん、こんばんわ。
新幹線以外にもいろんなアクセスと競合する九州新幹線とは、単純に比較するのは難しいのでは?

No title

YKさん、こんばんわ。
本当に必要でしょうか?
人もモノも需要のあるところに流れていくという原理原則から考えると北海道~東北間での需要と供給が、新幹線を通すほど存在するのか、僕は疑問に感じます。
特に地元の人が日々利用するわけでもない新幹線が、どれほど価値を見出せるのか?甚だ疑問です。
それなら、病院や保育園、工場なんかの雇用環境を充実させるほうがいいのではないかと。

No title

貴方の論理は悪いんだけど典型的な売国もとい左翼の方のテンプレのよう。んなふわりとしたものにの投資は悪いけど底なし沼の埋め立て工事みたいなもの。
東北と北海道の行き来がどれだけ不便かの感覚が分からないのに、不便ゆえに需要が無いものが本質なのに需要が無いと言い切るエゴが理解出来ないし多いに疑問。
恐らくいくら自説を述べても話かみ合わないと思うのでここで止めます。
前田武志前大臣の英断は、民主党とは思えない素晴らしい決断である”事実”は揺るがないでしょう。

No title

YKさん、あなたの仰ってることの方が僕から見れば、『ドブに金を捨てている』ように思えてならないんですが。
不便ななのは東北と北海道の間だけの問題ではなく、田舎へ行けば、どこもそれなりに不便です。現に僕の住む奈良も結構不便なところもおおいです。
不便ゆえに需要がないと仰いますが、新幹線を通したからといって需要が増えるのか疑問のところにそこまでする必要があるのか?甚だ疑問です。
議論は多分平行線でしょう。
それとその奈良県選出の参院議員である前田某という元国土交通大臣の決断ですが、あの方自体が奈良県民の恥になっていることをお忘れなく。

No title

こんばんは。

青函トンネル自体はすでに存在するのだから、それをいかに有効活用するかどうかが、現時点での課題、ですよね。
そこを出発点として、この記事にあるような試みをやろう、と。

私は、チャレンジする事自体は悪いとは思いません。
この記事にあるような、新技術・新システムの開発につながれば、それは将来の新幹線にフィードバックされる可能性も高いと思いますし、より世界に売り込みやすくなりますから。

問題は、結果評価です。
「やりっぱなし」「地元負担」そして大納言さんが危惧するような「地元民軽視」。
すべてひっくるめた損得勘定を正確にできるのかどうか!?
これまでの例を見ると、それぞれ自分の立場での自己評価しかできてないように思います。
リニアの奈良vs京都の問題もそう。
そういった体質は明治以来変わらない、日本の欠点のように感じます。

No title

もともと新幹線と共用する予定で建設されているので、この話が今に始まったことではないのですが、あれだけの距離のあるトンネルを24時間フルに利用するのは難しいのではないかと懸念するのです。
特にメンテナンスの面では、今以上に難しくなるのではないかと。
記事にあるとおり、確かに新しい技術・システムの開発は、将来の新幹線輸出には大いに役立つでしょうが、国内的にはそこまですべき事案なのか、僕にはよく分かりません。
ただ新幹線の沿線地域の人々にとって、本当にそれが有益なものとなるのか?過去の事例もあるように、また最終的に国民全体でツケを払わないといけない状態になってしまわないのか、大いに議論・検討をするべきかと。
リニアの問題も喧々諤々ですが、最終的にJR東海が政府に泣きついてきたりしないようなものでればよいと思うのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。まだ使い勝手がよくわかっていませんが、よろしくお願いします。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
517位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
214位
サブジャンルランキングを見る>>