FC2ブログ

記事一覧

ブラタモリの旅 国会議事堂編

首相官邸を離れ、読み方の分からない何とか坂を下っていくと左手に見えてきたのが、
 

 
国会議事堂
 
俗に永田町に言われる界隈の中心にある建物です。
 
この界隈は、明治維新以来、日本の中心として日本そのものをリードしてきたのです。
 
そして、今もこれからも日本をリードするであろう場所。
 
その象徴なのが、国会議事堂なのだろうと。
 
しかし、この日はGW中ということもあり、また既に日が暮れようとしていて閑散していました。
 
正面に向います。
 

 
正面から見ると、ますます日本政治の良くも悪くも象徴なのだと・・・
 
正面からの国会議事堂を撮影して、ふと振り返ると
 

 
桜田門の方へ下る坂道です。
 
明治維新以来、この坂道を権力を求めて駆け上がってきた人
逆に権力を失い転げていった人
が数多く行き来したのでしょう。
 
この坂道、またまた名前も分かりませんが、これこそ権力への坂道でもあったのでしょう。
 
権力者がこの場所に立つと、何故か平家物語のあの一節が思い出されます。
 
祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響き
あり。
娑羅双樹の花
の色、盛者必衰の
をあらはす。
おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風
の前の
(ちり)に同じ。
 
権力を勝ち取るには、はいつくばってでもこの坂道を駆け上がらないといけないものなのだと。
そうしなかれば、真の意味での権力者にはなれないのでしょう。
 
特に平成になって以来、日本の政治を見ていると何となく権力者になって、
自らこの坂道から転がり落ちている人が多すぎます。
 
それが、今の沈滞感の漂う日本
の原因なのでしょうか
 
こうして振り返ってみると、大学を卒業して以来、何か得たものはあったのか
 
それが具体的には分からない
 
ここへ来てみて感じたのは、日本の将来への不安だけ。
 
これからの日本を予感されるように日はさらに傾いたのを感じ、
ブラタモリの旅も終わりに近づいたのだと。
 
そして、いよいよ東京を離れるために、まずは官庁街にある地下鉄
の某駅に向ったのでした。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます!!

そうですね・・・。

私も大学を卒業して10数年が経ちましたが、不安だらけ

です・・・。

傑作ポチ!!

No title

僕が大学を卒業した頃にバブルが崩壊して、景気も悪化していたけど、
今のような不安を感じることはなかったように思います。

なんで、こんな世の中になったんでしょうかね?

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。
まだ使い勝手がよくわかっていませんが、よろしくお願いします。
新型コロナウィルスが流行しています。まずは手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村


北海道ランキング


日本史ランキング


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
574位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
74位
サブジャンルランキングを見る>>