fc2ブログ

記事一覧

高山城址

いつ訪問しても理解できない板蔵ラーメン工場付属のドライブインを
ラーメンも食べることもできずに出発して向ったのが、

高山城址




高山の市街地のはずれにある小高い丘が、その城跡です。

城跡の中腹くらいにPがあり、そこへクルマを停めると、
ちょっとした児童公園みたいなのがあって、そこに、




金森長近の馬上姿の銅像があります。

高山城の築城者こそが彼で、この城は彼以後6代目の金森頼時まで、
金森氏の飛騨一円を支配する拠点でした。
しかし高山城は、元禄年間の1692年に金森氏が出羽上ノ山へ転封となった後は、
隣国の当家預りを経て、1695年には飛騨国が天領となったため、
その役目を終え廃城となりました。

廃城と決定してからは、徹底的に破却されたためか、Pの周辺には遺構らしいものが見当たりません。

というわけで、登城開始!

いきなりハイキングコースのよう登城路です。




薄暗い森の中をさまよいます。

木陰になっている登城路ですが、真夏なのでさすがに暑い~♪

でも前日の春日山城跡のときとは違い、十分の睡眠がとれていたので、
順調に登っていきます。

Pを出発して20分くらい。




本丸に到着。しかし、少しだけ石垣が残る程度で城跡らしい雰囲気は感じられません。

本丸の真ん中には、




本丸の想像図があり、それをみるとその構造は、姫路城や和歌山城と同じ連立式。

でも規模は小さく、天守も二層三階という小ぶりなもの。

でも何にもないので下城することに・・・

登城した道とは違う道を下りて行きましたが、どうも道に迷ってしまったようで、
城跡のどの辺りにいるのか全く分からなくなってしまいました。

さまよい歩いていると、たどり着いたのが、




城門跡らしい場所、桝形になっているみたいですが、よく分かりません。

さらに下りていくと、やっと住宅地に出ましたが、
どうもPからは、かなり離れた場所に下りたようで・・・

Pに戻るのに、さらに15分くらい歩きました。

ヘロヘロです。

自販機でミネラルウォーターを買い、一気に飲み干して・・・

疲れました。けど、まだ訪問するところが、そして帰宅しなければ・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

加賀守さん、要するに迷子になられたんですね?
無事に戻れて良かったですね!^^

No title

とにかく高山城の案内図もなく、ところどころにある矢印だけを頼りにしていたら、とんでもないことになってしまいました(笑)

No title

加賀守さん、要するに迷子になられたんですね?
無事に戻れて残念ですね!^^

No title

無事に戻れたからこそ、その減らず口を叩けるのですぞ!

No title

要するに迷子に・・・(笑)

高山城跡はちょっと歩かなきゃいけないっていうのが足を遠のかせるんですよね。。いつも古い街並みで食べたい放題のあとは、フラリと陣屋を覗いてから帰路についてしまいます。一度くらいは城跡も行こうと思ってるんですけど・・

No title

皆さん迷子を責めてらっしゃいますね。
思わず笑ってしまいます。
加賀守さんのキャラクタが分かったような気がします。
皆さんのコメントにポチです。

No title

まつ殿、そういうことです(笑)

仰るとおりで、高山城跡は市街地の端っこにあることで、なかなか行きづらいですよね。
高山陣屋近辺で満足してしまうんでねぇ!

No title

いっちゃんさん、そうですね!!

でも、高山城跡を訪れれば分かると思います。
今となっては、単なる小山ですから。

No title

金森長近が築城した高山城が残っていたら…
今は単なる公園のようになってしまい残念です。
山麓の高山の街はいい雰囲気ですね。
TBさせていただきます。

No title

これだけの城が残っていたら、飛騨高山の雰囲気もずいぶん違っていたでしょうね。
今となっては、城跡であるかさえもわからない状態ですからね。

No title

baronさん、高山城があったんですね。立派な天守があったんですね。今度、高山に行った時には立ち寄ってみたいです!

No title

高山城の天守といっても二層なので小さなモノのようですよ!

No title

先日はTBありがとうございました。
逆TBさせていただきますね。

No title

マッツゥさん、TBありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
ブログ創業 2005年7月です。

2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。新型コロナウィルスは昨年GW明けから5類相当以降しましたが、これに油断せず、手洗い励行で感染防止を心がけたいと思います。
2024年 今年は大河ドラマ『光る君へ』の現地調査を中心にアチコチと訪問しています。

写真は高校の文化祭の時に撮影したものです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


開閉式カテゴリ一覧

人気ブログランキング

人気ブログランキングです

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
旅行
156位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
78位
サブジャンルランキングを見る>>