FC2ブログ

記事一覧

久しぶりに京都鉄道博物館へ行く その5

今回の目的であるEF200形直流電気機関車とシキ800形貨車を見て、次に向かったのは・・・・企画展『列車愛称進化論 ~名前からみる鉄道~』今となっては懐かしいブルートレインやL特急や急行のヘッドマーク・テールマークの展示です。1929(昭和 4)年、鉄道省が欧米を手本に、特急列車に愛称をつけることで宣伝強化を図り、旅客獲得しようという営業策を打ち出しました。公募し、採用された愛称「富士」「櫻」を特急列車につけた...

続きを読む

久しぶりに京都鉄道博物館へ行く その4

今回はシキ800形のお話です。シキ800形は、1973年に登場した「大物車(おおものしゃ)」です。大物車は主に、発電所や変電所に設置される変圧器を輸送する専用の貨車です。最大で160トンの荷物を積載できました。その重さを支えるため、貨車には台車が8台、16軸が装備されました。変圧器の輸送中は速度が出せないため、深夜帯に走行することが多くなっていました。実際に見かけたことのある人は多くはないと思われます。 その巨大...

続きを読む

久しぶりに京都鉄道博物館へ行く その3

いよいよ今回の訪問の目玉です。JR貨物 EF200形直流電気機関車日本通運株式会社 シキ800形 貨車どちらも廃車される運命にあるので、今後見ることはできない車両です。まずはJR貨物 EF200形直流電気機関車から1987年(昭和62年)のJR移行で、JR貨物は多数の機関車を承継した。直流電化区間ではEF65形・EF66形などを主として用いることとなったが、景気拡大局面にあって輸送需要が増大していたことや、将来の車両取替え...

続きを読む

久しぶりに京都鉄道博物館へ行く その2

その1からの続きです。ハリボテのようなラッピング489系を確認してから、次に向かったのは鉄道の施設というコーナーここには電車や機関車の運転台が展示されています。その中でちょっと変わった感じの運転台が写真の運転台。DE10形ディーゼル機関車の運転台です。この機関車の運転台は、貨物駅などでの貨車入れ替えに特化しているため正面向きではなく、運転席に座ると左手に首を傾けて正面を見ながら運転するようになっていま...

続きを読む

久しぶりに京都鉄道博物館へ行く その1

11月16日【土】、昨日は久しぶりに京都鉄道博物館へ行ってきました。今回は春に引退したJR貨物最強のEF200形直流電気機関車と先週の運用で引退した日本通運私有貨車であるシキ800形の特別展示が目的でした。基本的には旅客車両をメインとした鉄道博物館で、貨物車両の、それも直近まで現役だった車両の展示はそうそうあるわけでもないので、これは見逃せないと。まずは、昼過ぎに自宅近くの尼ヶ辻駅から近鉄で京都まで、そこから...

続きを読む

訪問者カウンター

弊ブログの訪問者数を確認します

プロフィール

大納言兼加賀守

Author:大納言兼加賀守
2019年12月のYahoo!ブログ終了と『令和』改元に伴い、FC2ブログさんへ移管しました。まだ使い勝手がよくわかっていませんが、よろしくお願いします。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


人気ブログランキング

人気ブログランキングです